和装で行う結婚式について

一生に一度の結婚式はぜひ和装で行いたいという人もいますが、逆に和装を避けたいという女性もいます。
和装を嫌う女性の一番の理由にはかつらを被ることが挙げられますが、近年ではかつらを使用する人も少なくなってきました。

もちろん昔ながらのかつらを用意されているところもありますが、希望次第で洋風な髪型にしてもらうケースが多いものです。


結婚式での女性の和装は白無垢で行われるのが一般的です。

頭には角隠しか綿帽子が選択できますが、洋髪であれば綿帽子が利用されます。

人気な大阪のレストラン結婚式に関する情報に追加しています。

結婚式が終了して披露宴になった場合には、そのままの格好で入場しても構いませんが被り物を外して白無垢の一番上の着物を脱いで色打掛が利用されることも多いものです。

大阪のレストランウェディング情報を選ぶ時のポイントを紹介いたします。

また洋風な着物もあり、オーガンジーなどの透ける素材で作られたものやヨーロピアンレースを使用して着物の形に作られたものなどまであります。逆に、形はドレスであるのに着物の素材が使用されたデザインもあり、さまざまな衣装が用意されています。

結婚式の衣装はどちらを着用したいかよりも式をチャペルか神社のどちらで行うかによって変わってきます。女性にとってはせっかくなら気に行った服装をしたいものですが、一般的には女性は嫁に行くことになるので今後うまくやっていくためにも夫の家族の意見は重要です。


自分の希望する衣装が挙式で着用できなくても、披露宴で着用したり記念に残す結婚写真の撮影の時だけでも着用できるチャンスがあります。

初めてでもわかりやすい、大阪の1.5次会について詳しく知りたいならこちらです。